睡眠時無呼吸症候群という病気があります。

自宅にもあったらいいなと思う医療機器
自宅にもあったらいいなと思う医療機器

睡眠時無呼吸症候群という病気があります

睡眠時無呼吸症候群という病気があります。テレビや雑誌などでも取り上げられているため、既にご存知の人も多いと思いますが、この病気は眠っている間に何かの原因で呼吸ができなくなってしまう病気のことをいいます。
この病気の怖いところは自覚症状が出にくいというところです。
つまり既に睡眠時無呼吸症候群なのに自覚をしていない人が多いということです。
自覚症状といっても日中ものすごい睡魔に襲われるとか、眠っても疲れが取れない、睡眠を取った後でも眠気があるという程度で、なかなか病気として認知しにくいところが、この病気の難しいところです。
この病気にかかりやすい人は肥満の人や顎が小さい人等がいますが、神経的な問題で睡眠時無呼吸症候群になっている人もいます。
この病気の対処方法のひとつに家庭で使える呼吸器というものがあります。これが自宅にあったらいいなと思う医療機器です。
既に病院からレンタルもできる機械ですが、今は病院を受診しなければ使用が難しく、個人で購入しようにもかなり高価なため購入も難しいですが、操作は誰でもできますし、医療機器の機能としては、風を気道に送るだけというシンプルなので、今後、自宅でも気軽に使える医療機器になったらいいなと思っています。

おすすめ情報