自宅にあったらいいなと思う医療機器は、自動体外式除細動器、つまりAEDです。

自宅にもあったらいいなと思う医療機器
自宅にもあったらいいなと思う医療機器

自宅にあったらいいなと思う医療機器は

自宅にあったらいいなと思う医療機器は、自動体外式除細動器、つまりAEDです。
AEDは現在、多くの公共交通機関や公共施設に配置されており、万一の場合には誰もが自由に使うことができるようになっています。多くの人がこのAEDで命を救われたのではないかと思います。

しかしAEDが一般家庭に普及するには、まだまだ時間がかかると思います。そうとはいっても、今は高齢化社会です。
家庭に高齢者がいることも珍しくありませんし、核家族化が進んでいるため、高齢者だけのご家庭も少なくありません。その一方で、働き盛りの若い方の突然死も多く起こっています。つまり、いつ誰に何が起こるかわからないのです。

そんな時にAEDが自宅にあれば、大切な家族の命が助かるかもしれません。そう考えると、やはり自宅にAEDがあったらいいなと強く思います。体温計、絆創膏、湿布薬、消毒薬、解熱剤、整腸剤と一緒に、AEDが救急箱の横に置くことができる日が来ることを信じています。

おすすめ情報