人間である限り、生き続けていくためにはどうしても必要になってくるのが、歯で食べ物を噛み砕いて咀嚼することです。

自宅にもあったらいいなと思う医療機器
自宅にもあったらいいなと思う医療機器

人間である限り

人間である限り、生き続けていくためにはどうしても必要になってくるのが、歯で食べ物を噛み砕いて咀嚼することです。
いつまでも健康な歯を歯茎の上で保ち続けるためには、歯石や歯垢を毎日の歯磨きで、丁寧に取り除いていくことが挙げられます。
しかしながら、歯ブラシでブラッシングするだけでは、歯の生え際に溜まってくる歯垢や歯石を完全に落としきることはできず、自然に溜まってしまって歯周病の原因になったりするわけです。

ですから、自宅にもあったらいいなと思う医療機器として、歯医者にあるような歯石除去機器を挙げます。最近ではCCDカメラという超小型カメラの画像処理もかなり高速になってきて、高精細な動画画像をリアルタイムで確認することができるのです。
だから、超小型カメラの高精細動画画像をモニターで確認しながら、歯石をしっかりとセルフサービスで除去できる医療機器が出てきたら、頻繁にその機器で歯石除去することで歯周病を効果的に予防できます。
歯茎をガードしながら歯石だけを集中的に除去できるテクノロジーを確立した医療機器は、家庭向け医療機器として、かなり普及すると予測できるのです。